弁護士紹介

鈴木泉法律事務所の所員をご紹介します。
下の人物をクリックすると詳細情報がご覧いただけます。

  • 川地 美帆 Miho KAWACHI
  • 細野 優子 Yuko HOSONO
  • 鈴木 泉 Izumi SUZUKI
  • 原 秀一 Shuichi HARA

鈴木 泉 Izumi SUZUKI 愛知県弁護士会人権擁護委員会委員長
日弁連人権擁護委員会副委員長
同再審部会部会長
愛知県弁護士会一宮支部支部長 等を歴任

事務局から見た人物像

鈴木 泉 Izumi SUZUKI

略 歴

  • 1947(昭和22)年

    名古屋市東区で生まれる

  • 1965(昭和40)年

    愛知県立旭丘高等学校卒業

  • 1972(昭和47)年

    東京大学法学部卒業

  • 1976(昭和51)年

    弁護士登録(28期) 名古屋南部法律事務所
    (名古屋市熱田区)所属

  • 1986(昭和61)年

    一宮市城崎通に鈴木泉法律事務所開設

  • 2007(平成19)年

    一宮市向山町(現在地)に移転

主な活動等

  • 名古屋地方裁判所一宮支部調停委員

  • 一宮簡易裁判所調停委員、同司法委員

  • 名張毒ぶどう酒事件弁護団長

ひとこと

鈴木 泉 Izumi SUZUKI

大学1年生のとき、八海事件(主犯を除き全員無罪となったえん罪事件。「真昼の暗黒」という映画になりました)の被告の一人の話を聞き、「世の中にはこんな不正義があるのか」という強い怒りを感じました。3年生のとき学園紛争「東大闘争」を経験する中で、世の中の弱い立場の人の味方になるような弁護士を目指そうと思いました。弁護士になって37年目(2012年4月現在)を迎えます。初心を忘れず皆様のお役に立てるよう頑張ります。

好きなこと

ゴルフ、旅行、食べ歩き

事務局スタッフから見た人物像

Portrait

鈴木泉 弁護士

O型・超天然素材。

一見怖そうに見られる事がありますが,実に優しく包容力のある男。
正義感が強く,弱者の見方。「ザ・弁護士」。経験も十分に積み信頼も厚い。
鈴木泉法律事務所の代表弁護士ですが,威張らず,若い力を伸ばすことにたけた理想の上司。

このページの先頭へ戻る